トップ  >  屋根工事  >  瓦棒カバー工法
瓦棒カバー工法

■名称
瓦棒カバー工法







■特徴
1.解体費用が大幅に削減出来ます。
2.残材処分費が大幅に削減できます。
3.僅かではありますが断熱、遮音性がUPします。
4.勘合式ではない従来の瓦棒でしたらほとんどの場合施行可能です。
5.垂木など下地材の腐食が著しく進んでない限り経済的な工法です。

■一口メモ
下屋根の場合、既存屋根水上部分がサッシなどと10cm以内接近していると施行出来ない場合があります。熱対策として断熱材を入れる事をオススメします。

■寸法規格
働き幅425mm

■使用材料
ガルバニウム鋼板
ステンレス鋼板

プリンタ用画面
前
ケイミュー カラーベストコロニアル葺き
カテゴリートップ
屋根工事
次
湿気と熱気を逃がして快適 カラーベスト用換気棟
福田技研の安心宣言 〜一級技能士が施工・しっかりご説明・しっかりアフターケア〜
お問い合わせ
古民家鑑定致します
営業品目

各種鋼板長尺屋根材施行
・銅板工事
・カラーベスト工事
・各種和・洋瓦工事
・薄板鋼板加工
・住宅・工場雨とい工事
・大型雨とい製作施行
・住宅・工場壁工事
・エクステリア工事
・外回りリフォーム工事


当事業所とお付合いのある親切な大工さん瓦屋さん塗装屋さん等紹介させて頂きます。

営業エリア

大津市, 草津市, 栗東市, 堅田, 守山市, 野洲市, 近江八幡市, 東近江, 甲賀市, 湖南市, 志賀, 高島, 竜王, 日野, 土山, 京都市, 山科, 伏見区, 醍醐, 山城, 宇治市等


上記以外の地域の方はお電話でご確認ください。

当HP内の検索