ナショナル折板120儀拭[Σ虻に施工



屋上に設置されたエアコンの室外機から絶えず流れる排水が


樋に流れ中二階の屋上を汚し、コケが育ち陸屋根の防水性を著しく


低下させてます。



施工の流れ

デリケートな防水施工された陸屋根に直接置かないように

180cm角のコンクリートブロックを設置



折板120儀人兌け金物をアンカーにて固定


写真には写ってませんが受け金物に付いてある蝶番を

上下する事によって勾配をつける事ができます。



継手部分はくの字に折れ無い様両サイドに樋受け金物を設置



今回の工事で雨水が直接陸屋根に流れず

耐久性の高い塩ビ製雨樋に流れることにより

コケの発生を無くし防水性の低下を防ぐ事が出来ました。